平成7年1月

越谷葬祭協同組合設立

平成26年10月17日

越谷市葬儀協同組合に名称変更

令和3年1月

7代目代表理事に田中のり子が就任

事務所が越谷の大杉909番地12から越谷市大成町7-58-12に移転

2022年で27年目になります。

この度、創立から27年が経過した伝統ある「越谷市葬儀協同組合」の7代目理事長に就任した田中のり子と申します。

皆様のお力添えをいただきながら、葬祭業も継続営業しております。

私は日本で女性最初の葬儀司会者として葬儀業界に携わり・・以来35有年になります。

全国各地の葬儀状況を把握し、様々な現場の経験と実績を業務の糧として日々邁進しております。

葬儀事情も年々大きく変化し、その形態も大きく変貌しています。

様々な情報が飛び交い錯綜する今日、その内容を把握しきれない家族の相談が、更には、御骨・墓所に関する諸々の相談も多くなりました。

高齢化ならではの時代変化に平行し、予算はもとより家族構成により葬儀を施行する式の形も異なって参りました。

※火葬場の炉前で身内だけ立ち会いの 火葬式

※通夜式・告別式2日間 施行

※通夜行わない告別式のみの1日葬

※自宅葬も予算対応・提案致します

大切な方の想いを尊重し 心に寄り添い 儀式を施行致します。

もしもの時 安心して 女性スタッフに お任せ下さい。

※葬祭コンサルタント・・相談無料(出張相談可能です)

越谷市葬儀協同組合 7代目理事長 田中 のり子

皆様にご安心して頂くための
3つのコース

ご相談は無料です

お問い合わせはこちら

こでまりの会 会員募集中

入会金1万円のみで家族全員が会員になれます。
※今後会費は一切かかりません。

 火葬式とは⋯?

通夜・葬儀・告別の式を行わない“火葬だけ”の事。火葬の日時を決め近親者のみでその時間に火葬場に参集し、火葬場炉室でお別れの対面・焼香の後、茶毘・収骨の立ち合いをいただきます。

 直葬とは⋯?

直送の意味は地方の産物を直接自宅に取り寄せて美味しい物を召し上がる事でしたが、いつしか葬儀に“ちょくそう”の言葉が使われるようになりました。

先日ある家族から「今〇〇が病院で亡くなったので 直葬して下さい!」と連絡がございました。
直接火葬を望んだのでしょうが 病院及び自宅等で逝去された場所から直接火葬場には搬送出来ません。

病院で逝去された場合には一度ご自宅又は 弊社の安置室でお預かります。
それから 家族と打ち合わせ・役所に死亡届提出・火葬日時の予約をします。
そして、葬儀の形態をどうするか?宗教?等など決め事を進めます。

※越谷市斎場の預けは 式場の利用者のみで
納棺してから霊安室の利用可能です(必ず葬儀社立ち合い)

コロナ対策をしっかりしつつ、
不幸にもコロナ禍で亡くなった方を誠心誠意施行致します。

葬儀の手順

お問い合わせはこちら

サマリアグループはこちら

越谷市葬儀協同組合

電話番号 048-971-8263

〒343-0816 埼玉県越谷市弥生町3番25号 髙橋ビル5階
東武スカイツリーライン 越谷駅
東口右側ロータリー内 徒歩1分